CAとお呼びっ!

観月ありさ主演のCAドラマ

「CAとお呼びっ!」は2006年の7月から9月まで毎週水曜日の22時からの水曜ドラマ枠で放送されていた日本テレビのドラマです。
小学館「ビッグコミックスピリッツ」で2005年から2007年まで連載されていた「CAとお呼びっ!」を原作にしたドラマであり、恋人を他の女に取られたことから、この男を見返したいという理由でキャビンアテンダントになった主人公・山田紗依を観月ありさが演じています。
茶髪有り、ミニスカートの制服あり、ヒールが高い靴を履いているなど、リアルな航空会社のキャビンアテンダントであれば不可能なレベルのキャラクターであり、コミカルな物語になっています。

異色の航空会社ドラマ

共演には谷原章介、香里奈、佐藤江梨子、東原亜希、安田美沙子、沢村一樹などがいます。空港などを舞台にしている作品ではあるものの、どちらかと言えばプライベートな部分に趣を置いている作品であり、職業ドラマというよりも恋愛ドラマや人間ドラマとして楽しめる作品になっていると言えます。
空港や航空会社を題材にしたドラマと言えば数多くありますが、その中でも異色な存在と言えるのではないでしょうか。

「ビッグコミックスピリッツ」連載時にも高い人気を獲得していましたが、その原作自体がコミカルな内容であったことから、実写化において観月ありさが演じるとわかった際には多くのファンが受け入れてくれたようです。
実際、漫画とドラマを見比べてみるとわかりますが、あまりギャップがありません。
実写化にしても漫画内の世界観をそのままというのは、観月ありささんの持っているキャラクターのおかげなのかもしれません。

漫画の実写化となれば、反対の声があがることも珍しくはなく、人気コミックともなればその傾向は強いのですが、「CAとお呼びっ!」の場合にはそうはならなかったこともあって、さすがの実写化という評価もありました。

安心して見られるドラマ

そんな「CAとお呼びっ!」ですから、もしも未見であれば一度はチェックしておきたいものです。
日本テレビの水曜ドラマには様々な作品が生まれていますが、この作品も要チェックの作品と言えます。
数多くあるテレビドラマの中でも安心して見られる、明るくて楽しい作品となっていますので、楽しい気分になりたい場合などには最適かもしれません。

また、「CAとお呼びっ!」はそのタイトル通りにキャビンアテンダントが主人公であり、航空会社内の物語もたくさん描いていますので、航空業界の職業ドラマとして楽しめる要素も持っています。
そのため、このような要素も楽しんでみてください。
これまでは知らなかった内実などがコミカルな内容ながらもある程度は描かれていますので、これらにも目を向けてみてください。