未成年者の妊娠をテーマにしたドラマ

「14歳の母 愛するために生まれてきた」は2006年10月から12月クールに日本テレビにおいて水曜ドラマの枠で放送されたドラマです。
主演は志田未来が努め、未成年の妊娠と出産をテーマにしたドラマでした。
社会性の強いドラマであり、放送開始前から話題になりました。

共演には田中美佐子、生瀬勝久、三浦春馬、高畑淳子、山口紗弥加、谷村美月、北乃きい、北村一輝、室井滋などという実力を備えた役者さんが顔を揃え、社会派なテーマを扱った作品としてクオリティの高い作品に仕上がっています。

14歳の少女が妊娠をする

「14歳の母 愛するために生まれてきた」の主人公は志田未来であり、彼女が演じるのは一ノ瀬未希です。
彼女は14歳で恋人との間に子供を宿ります。
しかし、恋人も中学3年生であり、父親になる気持ちは皆無です。

また、妊娠を機会に家族との間にも溝ができてしまい、未希は孤独な時間を過ごします。
そんな中でも産む決意を固めますが、その先には信じられないほどの困難が待っているのです。

女性ならば多くの方々が妊娠を夢見ていますが、これを14歳にして叶えようとする彼女の運命は一体どうなってしまうのか、そんな部分が見所となっています。

社会性が強いドラマ

たしかにこのような内容は今の世間的には褒められたことではないのかもしれません。
実際、放送開始前や放送中にはこのドラマに異論を唱える声もありました。
しかしながら、「14歳の母 愛するために生まれてきた」は放送のたびに視聴率を高めていった作品でもあります。

これは「14歳の母 愛するために生まれてきた」が生半可な気持ちで14歳の妊娠を扱っていなかったからだとおもいます。
家族物語を描くためになんとなく未成年者の妊娠を扱ったというような程度であれば、多くの視聴者がここまで引き込まれることはなかったとおもいます。
しかし、そこには真摯に向き合う物語があり、多くの視聴者が物語の中に引き込まれていったのです。

何も14歳の妊娠を肯定しているだけのドラマということではないのですが、命の尊さなども教えてくれるドラマになっています。
また、その周囲にいる家族たちもしっかりと描き、学校なども描かれています。
このドラマの善し悪しを概要だけで結論づけてしまうのは少々もったいない気がします。

「14歳の母 愛するために生まれてきた」はきちんと自分の目で見て、判断する作品だとおもいます。
映画ではなくテレビドラマで、しかも地上波のドラマにおいてこのような作品が放送されたことは、それだけでも評価に値するのではないでしょうか。
「14歳の母 愛するために生まれてきた」をまだ見ていないということであれば、一度は目を向けてみてください。その世界観に引き込まれるはずです。