日テレの土曜9時枠の名物ドラマとして今も記憶に残っているのが「野ブタ。をプロデュース」です。

当時大人気であったこともあり、2005年10月~12月に放送されたドラマだったという話を聞いてもうそんなに年月が経ったのか!と驚く人もいるようです。

「野ブタ。をプロデュース」といえばもう一つドラマの登場人物名義でリリースされた「青春アミーゴ」が大ヒット曲になったということもあり、かなり広い年代に知られるドラマになりました。

「青春アミーゴ」を歌ったのは役名では「修二と彰」でしたが、役者さんは今も大人気の亀梨和也君と山下智久君で、いずれもイケメン高校生の役がぴったりはまり役で彼らを見るために毎週テレビをつけるという人もたくさんいたことでしょう。

役的には修二の方はクラスのリーダー的な存在であり、一方の彰の方は優柔不断でおっちょこちょいという変わり者というキャラクターをしており、この二人の掛け合いもドラマを見るときの大きな楽しみになっていました。

 

ドラマの内容は、メインヒロインである小谷信子(堀北真希)が地味でさえない転校生から、修二と彰とのかかわりを通して性格を改善していくことで徐々に美しさを見せるようになっていくということがまた今時のティーンエイジャーの心をぐっとつかみました。

信子は地味なだけで実は美人であったということだけでなく、性格も他の人を思いやる優しさがあったりひたむきに努力をしていく強さがあるなど人間的にとても好感を持てるキャラクターをしていたことも人気を呼んだ大きな要素となっています。

他にもこのドラマを契機に大ブレイクしていった若手俳優も数多くクラスメートとして登場していたので、当時このドラマにはまっていた人にとってはかなり大きな楽しみになっているのではないかと思います。

 

「野ブタ。をプロデュース」には、今でも深く心に残る名言もたくさん登場してきました。

例えばしっかりした性格の修二が、野ブタこと信子とかかわるうちに彰を見る目が変わってゆき「あの二人が好きだったから。あの二人といる自分が好きだったからだ」といったような場面です。

このドラマの醍醐味は、三人が自分以外の二人と一緒にいるうちに他の二人に影響されつつお互いを思う気持ちがだんだん大きくなっていくことがわかるというところです。

ヒロインの信子が屋上で「私、笑えるようになったよ。ちゃんと笑えるようになったよ!」と言った場面などは思わず涙ぐんでしまいそうになるほどでした。