韓国映画が原作のドラマ

日本テレビのテレビドラマである「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」は2006年の7月から9月クールに放送されました。
毎週土曜日の夜9時からの放送枠である土曜ドラマ枠での放送となり、主演が長瀬智也さんということもあって前評判も高く、放送開始後も多くのファンを獲得したテレビドラマとして知られています。

これはそもそも韓国映画の「マイ・ボス マイ・ヒーロー」のリメイクですが、韓国版ではバイオレンスなシーンも多かったものの、ドラマ版ではそのような色合いよりもコメディ色が強い内容に変わっています。

豪華なキャスト

長瀬智也さん以外にも手越祐也さんなどが出演し、新垣結衣さんにとっては出世作となったテレビドラマとも言われています。
また香椎由宇さんや仲里依紗さんなど、今では脇ではなくメインを務めることも多いキャストが揃っていることでも知られています。

一風変わった学園ドラマ

長瀬智也さんが演じるのはヤクザの組長を父親に持つ27歳の息子であり、彼は次の組長を目指しているものの、学校へ行ったこともないために計算ができない、漢字が書けないという有様です。
その一方で腕力が強いという設定であり、組を継ぐことには前向きです。
そんな彼に父親は高校を卒業することを組を受け継ぐ条件として出します。

彼は27歳でありながらも年齢を誤魔化して高校生になり、学園生活がはじまります。
最初こそ10歳も下の同級生たちとの学校生活に面倒くささを感じ、勉強も身に入らないでいる彼ですが、徐々に友情や恋愛という青春をたのしみ始めます。
まさしく「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」は異色の学園ドラマといった内容になっています。

長瀬智也さんが主演するドラマには一種独特の面白い設定があるものが多いのですが、このドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」もそのひとつと言えます。
原作がありながらも原作とはまた違った楽しさがあり、「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」は楽しく見られるドラマとして数えておいてもいいのではないでしょうか。

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」のもうひとつの楽しさは組としての抗争などにも巻き込まれていくことです。
学園ドラマとしての面白さだけではなく、こちらの楽しさもありますので、片時も目を離せないスピード感溢れるドラマとなっています。
また、豪華なゲスト出演者なども多数いますので、毎回ドラマを見ながらそのようなゲスト出演者にも注目してみてはいかがでしょうか。

よくよく目を凝らしていると、あの人も出ていたというような発見があるはずですから、このような方々の演技にも注目してみましょう。
とにかく、この「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」をまだ見ていないのだとしたら、早めにチェックしておきたいものです。