スタッフ、キャスト総勢100人超え

ドラマから映画になった

スクウェア・エニックスのヤングガンガンにおいて連載されていた「荒川アンダー ザ ブリッジ」は毎日放送によってテレビドラマになりました。
2011年の7月から9月に放送され、林遣都、桐谷美玲、小栗旬、山田孝之、城田優、片瀬那奈、安倍なつみなどの豪華なキャストが揃いました。

また、2012年には「荒川アンダー ザ ブリッジTHE MOVIE」として映画化もされました。
テレビドラマになり、映画化されるという流れは最近ではあまり珍しいことではなくなっていますが、ドラマ版が2011年に放送され、映画が2012年というスピードは稀と言えます。

原作ファンの満足度も高い

「荒川アンダー ザ ブリッジ」はアニメ化もされており、このような人気のある作品の場合には実写化を反対する声があがることもありますが、この「荒川アンダー ザ ブリッジ」に関しては実写化された作品を見て、素直に面白かったという感想を話す人がとても多かったものです。
そのため、原作ファンからもしっかりと評価を受けた作品と言えるのではないでしょうか。

やはり、原作ファンにとっては漫画やアニメの世界がとても大好きな世界ですから、これを生身の人間が演じた際には拒否反応を持ってしまうこともあります。
そのような感覚は好きだからこそ抱くものであって、とてもよく理解できるのですが、この「荒川アンダー ザ ブリッジ」に関しては受け入れてくれた方がとても多かったという要素は見逃すことができません。
言ってみれば原作やアニメの面白い部分をそのままリアルに再現したドラマや映画になっているというわけですから、この「荒川アンダー ザ ブリッジ」には注目しておいてもいいのではないでしょうか。

見るべき価値があるドラマ

たくさんのドラマがある中でも映画化にまで進む作品はそこまで多くはありません。
しかも、これだけの短期間に映画化ということは、それだけの面白さがあるという自信の現れだとおもいますので、ぜひとも注目しておきたい作品です。
豪華なキャストのラインナップはもちろんですが、スタッフの意欲にも注目しておきましょう。

もちろん、テレビドラマをご覧になるだけではなく、映画版の「荒川アンダー ザ ブリッジ」にも目を向けておきたいものです。
どちらも満足度の高い作品として知られていますので、見てみる価値はあるはずです。
無論ですが、まずは原作から読んでみたいという形でもいいと思います。

「荒川アンダー ザ ブリッジ」はあらゆるメディアにおいて楽しめる作品ですから、ドラマから入るだけではなく、そのほかのメディアから入って、ドラマに行き着くというような楽しみ方もできるのです。
そんな見方もありますので、ひとつの方法として検討してみてはどうでしょうか。